ああ、何かに 追われるような
気がして ただの幻覚から逃げてた
止まったら 終われるような
気がして 足を止めたくもなったんだ

僕が歌ってた あの時のメロディは
いつの間に輝きを曇らせていたんだ

そう、怖がって 逃げ出して 偽って
辿り着くこの場所は 望んでた世界じゃなかった
幼い眼に 映ってた 先駆者の
止め処ない魂を 今でも
追い続けている

 

気付いたら 泥に塗れた
この手は 努力の分だけ何を得たのだろうか?

 

もう泣き喚き 塞ぎ込み 投げ捨てて
そんな奴置いていけ きっと今が最後のチャンス
過ちでも 繰り返し 育ち行く
僕はまだ 夢追い人(ドリーマー) あの日の
炎と一緒に

Created by Ryosuke Watanabe